2019年 第2回F1バルセロナテスト4日目・最終日午前


image PixabayのAdinaVoicuによる画像です

 

プレシーズンテストもついに最終日です。

プレシーズンテストで分かったことはホンダエンジンは信頼性がありそうだということと、フェラーリが速いということぐらい。

アルファロメオやトロロッソもスピードがありそうですが、実際の位置はよく分かりません。

スポンサーリンク

F1バルセロナテスト4日目・最終日午前

1 Ferrari Vettel 1分16秒221 C5
2 Mercedes Bottas 1分16秒561 C5
3 Toro Rosso Kvyat 1分16秒898 C5
4 McLaren Sainz 1分16秒913 C5
5 Haas Grosjean 1分17秒076 C5
6 Renault Ricciardo 1分17秒114 C5
7 Alfa Romeo Raikkonen 1分17秒239 C4
8 Red Bull Verstappen 1分17秒709 C3
9 Racing Point Perez 1分17秒791 C5
10 Williams Kubica 1分18秒993 C5

 

昨日のテストでレッドブルのピエール・ガスリーが激しくクラッシュしてしまいました。

ガスリーのミスです。

そのためホンダエンジンの耐久テストを完了することが出来なかったようです。

昨年のホンダもプレシーズンテストではトラブルが出ませんでした。
しかし、開幕戦でエンジントラブルに見舞われています。

まだ、気温も低いバルセロナテストでは絶対大丈夫だとは言い切れません。

そのためにもガスリーの走りは重要だったのですが、残念です。

今年のプレシーズンテストではガスリーはいいところがありません。
2度クラッシュしています。

やはりフェルスタッペンのチームメイトとしてプレッシャーがかかっているのでしょうか?
昨シーズンのハートレーがダブって見えます。

……

不気味なのはメルセデスです。

目立ったタイムは残していませんが、走行距離はしっかり稼いでいます。

今年もメルセデスは強そうです。

それに引き替え、タイムを残しているフェラーリは例年のように失速してしまう不安がよぎります。

メルセデス vs レッドブルという戦いになってくれるとうれしいです。

© bluelady.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました