F1 2017 スペインGP-FP1:ここに至っても信頼性問題を抱えるホンダのパワーユニットは悲惨。1周でエンジンが壊れるとは、何をしようとしているのか分からない。


image photo by Rob O’Connor 

スペインGPのFP1を見始めたら、いきなりフェルナンド・アロンソのマシンから煙が上がっていました。

エンジンブローのようです。

第5戦にもなって、まだまともに走らないとは驚きです。

つり上げられたマシンからの液体の漏れはホンダのエンジンの印象をさらに悪くしてしまいました。

……

2015年のハンガリーGPの時のように、マシンを押す気はもうないでしょう。(イメージ参照)

スポンサーリンク
AdSence

ザウバーはドキドキしているのでは?

来年はホンダのパワーユニットを載せることになったザウバー。

日本人のドライバーも誕生するのでは、と期待されています。

最近のカルテンボーンさんのコメントはポジティブでした。

型落ちのフェラーリを使うよりはいいということだし、ホンダと組むことのメリットが色々とあるようです。

まだまだ15戦も残っているのですから、大丈夫だと思っているのでしょうが、このようなマクラーレンの状況を見てしまうと、内心ドキドキしているのではないでしょうか?

アロンソはマクラーレンを出て行ってしまいそう

最近のアロンソはマクラーレンを出ていくことも示唆しています。

しかし、トップ3のチームに移籍することは難しいと言われています。

マクラーレンが競争力を発揮すればマクラーレンに残る場合もあるでしょうが、夏までが勝負となるでしょう。

アロンソが去った場合、マクラーレン・ホンダのドライバーは誰になるのでしょうか?

キミ・ライコネンがマクラーレンに戻って来てくれるとうれしいのですが。

スペインGP/FP1結果

順位 ドライバー(No.) チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン(44) メルセデス 1’21.521 28
2 バルテリ・ボッタス(77) メルセデス 1’21.550 30
3 キミ・ライコネン(7) フェラーリ 1’22.456 24
4 セバスチャン・ベッテル(5) フェラーリ 1’22.600 23
5 ダニエル・リカルド(3) レッドブル 1’22.706 22
6 マックス・フェルスタッペン(33) レッドブル 1’23.084 17
7 ケビン・マグヌッセン(20) ハース 1’23.670 22
8 ロマン・グロージャン(8) ハース 1’23.758 23
9 ニコ・ヒュルケンベルグ(27) ルノー 1’23.993 24
10 カルロス・サインツ(55) トロ・ロッソ 1’24.004 21
11 セルジオ・ペレス(11) フォース・インディア 1’24.188 23
12 エステバン・オコン(31) フォース・インディア 1’24.324 22
13 ストフェル・バンドーン(2) マクラーレン・ホンダ 1’24.400 24
14 フェリペ・マッサ(19) ウィリアムズ 1’24.618 34
15 ダニール・クビアト(26) トロ・ロッソ 1’24.642 18
16 マーカス・エリクソン(9) ザウバー 1’24.966 23
17 パスカル・ウェーレイン(94) ザウバー 1’25.182 24
18 ランス・ストロール(18) ウィリアムズ 1’25.919 34
19 セルゲイ・シロトキン(46) ルノー 1’26.293 10
20 フェルナンド・アロンソ(14) マクラーレン・ホンダ 1

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン