F1 2019 第8戦・フランスGP FP:エンジン全開率70%のコースでホンダ「スペック3」エンジンは上位チームと戦うことが出来るのか?


1989: Ayrton Senna of Brazil cuts close to a corner in his McLaren Honda during the French Grand Prix at the Paul Ricard circuit in Le Beausset, France. Senna retired from the race with transmission problems. Mandatory Credit: Pascal Rondeau/Allsport

image by Juan Pablo Donoso

フランスGPが開催されるポール・リカール・サーキットは典型的なストップ・アンド・ゴーのサーキットでエンジン全開率70%を誇ります。

そのパワーサーキットでホンダは早くもスペック3エンジンを投入。
戦闘力が上がっている模様です。

しかし、トップチームに追いつくほどではなく、終盤戦でのスペック4が待望されます。

スポンサーリンク
AdSence

内燃機関とターボチャージャーをアップグレードしたスペック3

ホンダのスペック3エンジンは内燃機関(ICE)とIHIの技術を投入したターボチャージャーがアップグレードされています。

パワーアップは若干とのこと。
本当のパワーアップはシーズン後半のイタリアGPで投入される予定です。

とはいえ、フェラーリと戦えれば十分でしょう。

ルノーもアップグレード版エンジンを投入するのでマクラーレンとの位置が気になるところです。

F1 2019 第8戦 フランスGP FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’32.73821
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’32.80720
3シャルル・ルクレールフェラーリ1’33.11121
4マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’33.61820
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.79022
6ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ1’34.09120
7ランド・ノリスマクラーレン1’34.11023
8カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’34.26126
9ダニエル・リカルドルノー1’34.54018
10アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1’34.80425
11セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’34.80921
12ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’34.81025
13ランス・ストロールレーシング・ポイント1’35.06322
14ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’35.32624
15ケビン・マグヌッセンハース1’35.41019
16キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’35.52222
17アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’36.10222
18ニコラス・ラティフィウィリアムズ1’37.14725
19ロバート・クビサウィリアムズ1’37.17227
20ロマン・グロージャンハース1’37.6209

ロバート・クビサがニコラス・ラティフィにも負けているのがショックです。
クビサは1年限りになってしまうのでしょうか。

F1 2019 第8戦 フランスGP FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’30.93734
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’31.36125
3シャルル・ルクレールフェラーリ1’31.58631
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’31.66532
5ランド・ノリスマクラーレン1’31.88231
6マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’32.04929
7カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’32.43227
8ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ1’32.44829
9キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’32.67734
10ケビン・マグヌッセンハース1’32.78930
11アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’32.97334
12ダニエル・リカルドルノー1’33.02034
13アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1’32.97335
14ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’33.08132
15ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’33.25437
16セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’33.30030
17ロマン・グロージャンハース1’33.59127
18ランス・ストロールレーシング・ポイント1’33.88432
19ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’34.61433
20ロバート・クビサウィリアムズ1’35.19532

レッドブルがマクラーレンに負けているのが気になります。
タイヤが上手く使えていないのでしょうか?

エンジンアップデートしたクビアトが旧エンジンのアルボンより遅いのもおかしいです。
エンジンのセットアップもまだまだのようですね。

F1 2019 第8戦 フランスGP FP3結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’30.15918
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’30.20015
3シャルル・ルクレールフェラーリ1’30.60515
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’30.63313
5マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’31.53811
6ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ1’31.59914
7ランド・ノリスマクラーレン1’31.65414
8ダニエル・リカルドルノー1’31.80212
9カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’31.88714
10キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’31.94316
11ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’32.02315
12アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’32.17115
13アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1’32.17816
14ロマン・グロージャンハース1’32.38515
15ケビン・マグヌッセンハース1’32.40013
16セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’32.49115
17ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’32.54022
18ランス・ストロールレーシング・ポイント1’32.67814
19ロバート・クビサウィリアムズ1’33.90221
20ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’39.9874

メルセデスが速すぎて勝負になりません。

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン