F1 2019 第18戦・メキシコGP 予選:喜んだのも束の間、フェルスタッペン3グリッド降格。

やはりフェルスタッペンはメキシコに強いです。

予選最速タイムを刻んでくれました。

しかし…

スポンサーリンク
AdSence

マックス・フェルスタッペン、ダブルイエローフラッグ無視で3グリッド降格

高地サーキット、エルマノス・ロドリゲス・サーキットは空気が薄いため、ダウンフォース、冷却、エンジン性能に影響を与えます。

そんな状況下で、レッドブルは比較的性能を落とさず、良い結果を残しています。

また、トロロッソも良いことから、ホンダエンジンの高地対策もうまくいってるように見うけられます。

結果、マックス・フェルスタッペンが予選トップとなりました。

……

しかし、ボッタスのクラッシュによるダブルイエローフラッグを無視したとして、3グリッド降格処分になってしまいました。

残念です。

決勝でどこまで巻き返せるでしょうか?

予選結果

順位ドライバーチームタイム
1マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’14.758
2シャルル・ルクレールフェラーリ1’15.024
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’15.170
4ルイス・ハミルトンメルセデス1’15.262
5アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1’15.336
6バルテリ・ボッタスメルセデス1’15.338
7カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’16.014
8ランド・ノリスマクラーレン1’16.322
9ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’16.469
10ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’16.586
11セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’16.687
12ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’16.885
13ダニエル・リカルドルノー1’16.933
14キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’16.885
15アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’17.269
16ランス・ストロールレーシング・ポイント1’18.065
17ケビン・マグヌッセンハース1’18.436
18ロマン・グロージャンハース1’18.599
19ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’18.823
20ロバート・クビサウィリアムズ1’20.179

最終コーナーのクラッシュだったので、フェルスタッペンは速度を落とせなかったのかな?
う〜む。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位ドライバーチーム最終タイム
1ダニエル・リカルドレッドブル1’14.759
2マックス・フェルスタッペンレッドブル1’14.785
3ルイス・ハミルトンメルセデス1’14.894
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’14.970
5バルテリ・ボッタスメルセデス1’15.160
6キミ・ライコネンフェラーリ1’15.330
7ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’15.827
8カルロス・サインツルノー1’16.084
9シャルル・ルクレールザウバー1’16.189
10マーカス・エリクソンザウバー1’16.513

ここではレッドブルが強いです。

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位ドライバーチームポイント
1マックス・フェルスタッペンレッドブル25
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ18
3キミ・ライコネンフェラーリ15
4ルイス・ハミルトンメルセデス12
5バルテリ・ボッタスメルセデス10
6ニコ・ヒュルケンベルグルノー8
7シャルル・ルクレールザウバー6
8ストフェル・バンドーンマクラーレン4
9マーカス・エリクソンザウバー2
10ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1

フェルスタッペンは4番グリッドからスタート。
フェラーリとハミルトンをオーバーテイク出来るでしょうか?

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン