F1 2019 第14戦・イタリアGP 予選:マックス・フェルスタッペンの不可解なパワーロス。


randomwinnerによるPixabayからの画像

スパと同様、トウを得るために各ドライバーが牽制し、後味の悪い予選になってしまいました。

結果、またもルクレールがポールポジションです。

ティフォシにとっては結果オーライかもしれません。

スポンサーリンク
AdSence

FIAのトルク監視システムが介入ってどういうこと?

予選Q1で起こったフェルスタッペンのパワーロスは新しいスペック4エンジンのトラブルだったので心配しました。

予選後の原因説明は以下の通りです。

アストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手については予選Q1のアタック中、縁石の上に乗り上げえた際、タイヤが激しく空転し、エンジン回転が上がりプロテクションモードに入ったため、FIAのトルク監視システムが介入しました。その結果、走行中にパワーを落とすことになりました

出典:F1Gate.com「ホンダF1、フェルスタッペンのエンジントラブルを説明 / F1イタリアGP

しかし、この説明だとモヤモヤが晴れません。

結局、エンジンコントロールのソフトウェア不良なのでしょうか?

同様の状況に陥れば、再発するものではないのでしょうか?

フェルスタッペンは決勝では不安はないと語っているのですが、もう少し分かりやすく説明してくれないと納得出来ないです。

予選結果

順位ドライバーチームタイム
1シャルル・ルクレールフェラーリ1’19.307
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’19.346
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’19.354
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’19.457
5ダニエル・リカルドルノー1’19.839
6ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’20.049
7カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’20.455
8アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1’20.021(Q2)
9ランス・ストロールレーシング・ポイント1’20.498(Q2)
10キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’20.515(Q2)
11アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’20.517
12ケビン・マグヌッセンハース1’20.615
13ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’20.630
14ランド・ノリスマクラーレン1’21.068
15ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’21.125
16ロマン・グロージャンハース1’20.784
17セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’21.291
18ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’21.800
19ロバート・クビサウィリアムズ1’22.356
20マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ

Q3はライコネンがクラッシュして赤旗となったために時間が制限されました。

最後のアタックで各チームがトウを得るため牽制しあい、まともなタイムアタックにならなかったことが残念です。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位ドライバーチーム最終タイム
1キミ・ライコネンフェラーリ1’19.119
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’19.280
3ルイス・ハミルトンメルセデス1’19.294
4バルテリ・ボッタスメルセデス1’19.656
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’20.615
6ロマン・グロージャンハースF11’20.936
7カルロス・サインツルノー1’21.041
8エステバン・オコンフォース・インディア1’21.099
9ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’21.350

昨年の方がタイムがよかった。
全力でアタックしていたら、タイムが更新されていたはずなのですが…

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位ドライバーチームポイント
1ルイス・ハミルトンメルセデス25
2キミ・ライコネンフェラーリ18
3バルテリ・ボッタスメルセデス15
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ12
5マックス・フェルスタッペンレッドブル10
6エステバン・オコンフォース・インディア8
7セルジオ・ペレスフォース・インディア6
8カルロス・サインツルノー4
9ランス・ストロールウィリアムズ2
10セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1

ルクレールの連続優勝となるでしょうか?
決勝の天気が心配です。

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン