ホンダF1、2018年のことを語るのはまだはやいぞ。


image photo by ph-stop 

次戦オーストリアGPで、いよいよ2基のスペック3エンジンが投入されることになりました。

スペック3といいながらも大きなアップグレードは初めてです。

しかし、もう今年のF1は半分終わろうとしています。

だからでしょうか?
来年のことばかりが話題に上ります。

参照 ホンダF1 「2018年版のパワーユニットはさらに強くなる」(F1-Gate.com)

スポンサーリンク
AdSence

やっとダイナモの調整ができた?

ホンダワークス時代にも、いつまで経っても上位チームに追いつけない時期がありました。

その時、問題になっていたのが風洞のキャリブレーションです。

それと同じようにエンジンのテストでもダイナモと実際のマシンとで相関関係が得られないという状況がホンダを苦しめていました。

前回のアゼルバイジャンGPのフリー走行でスペック3エンジンをテストしたことにより、ダイナモと実際のマシンとの相関にも自信が得られたようです。

それが、ホンダに安心感をもたらしたのかもしれません。
2018年に向けての発言も前向きです。

しかし、また2017年シーズンは12戦も残っています。

この12戦で上位チームに追いつくぐらいの気概で頑張ってもらいたいです。

すでにアロンソはマクラーレン離脱の意志を固めていると言われています。

ただし、勝てるチームとなるとメルセデスかフェラーリかのどちらかしかありません。

メルセデスにはハミルトンがいて、フェラーリにはベッテルがいます。

どちらに移籍したとしてもチームメイトとの間は難しそうです。

ホンダには、アロンソが移籍を思いとどまるぐらいのパフォーマンスを発揮するエンジンを開発して欲しいです。

時間との闘いです。

2017年シーズンに全力を尽くして下さい。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン