デイトナ24時間レース、やってた。


image photo by Jeremy Stoutamyer 

アロンソが参戦することで知ったデイトナ24時間レース。

耐久レースはほとんど見ないのですが、ニコニコ生放送でライブ映像が流れていました。

マクラーレンとホンダの関係が解消となって以来、アロンソには注目していませんでしたので、デイトナ24時間を見たのはたまたまです。

これを書きはじめた時点では、あと10時間30分ほどレース時間が残ってました。

その3時間ぐらい前に30分くらい見てました。

スポンサーリンク
AdSence

インディカーやF1ドライバーがいっぱい

耐久レースは遠目で目当てのドライバーがどこを走っているのか分からない上に、緊迫感が欠けるような気がして、あまり見たことがありません。

それに色々なクラスのマシンが混在しているので、どのマシンがトップなのかもよく分かりません。

私が見始めたときの実況からは、アロンソ以外にも、なじみのドライバーの名前が…

カストロネベスやグラハム・レイホール、ライアン・ハンターレイも出てます。

天野さんの解説の声も聞こえました。

……

F1ドライバーはアロンソだけかと思っていたらランス・ストロールやフェリペ・ナッセも出てました。

F1やインディカーで速さを競うドライバー達がマシンやタイヤをいたわることが出来るのかとても疑問です。

解説を聞いていたら、アロンソのチーム、ユナイテッド・オートスポーツは右リアのタイヤのパンクやブレーキトラブルで後退してしまったことが分かりました。

やっぱりアロンソが速すぎたのかもしれません。

耐久レースは車の丈夫さが一番なのでしょうか?

……

レース終了は29日の朝方ですね。

全レースを見ていたら眠れません。

このあたりも耐久にのめり込めない理由です。

ただ、結果は楽しみです。

結果(追記)

  • 優勝:マスタング・サンプリング・レーシング キャデラック 5号車(フェリペ・アルバカーキ/ジョアン・バルボーザ/クリスチャン・フィッティパルディ)
  • 2位:ウェーレン・エンジニアリング・レーシングのキャデラック 31号車(フェリペ・ナッセ/エリック・カラン/マイク・コンウェイ/スチュアート・ミドルトン)
  • 3位:コア・オートスポーツのオレカ LMP2 54号車(ジョン・ベネット/コリン・ブラウン/ロマン・デュマ/ロイック・デュバル)

4位はユナイテッド・オートスポーツ 32号車(ブルーノ・セナ/ポール・ディ・レスタ/ウィル・オーウェン/ヒューゴ・デ・サデレール)

同じくユナイテッド・オートスポーツのアロンソ車(23号車)はトラブルで38位でした。
完走しただけでも立派でしょうか。

それにしてもキャデラックは凄いですね。アキュラ(アキュラ・ペンスキー)も9位、10で頑張りました。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン