F1 2018 第20戦・ブラジルGP予選:雨交じりの予選でトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーがQ3進出!


Photo by Takayuki Suzuki

 

第20戦ブラジルGPの予選は雨交じりの天候の中、行われました。

FP3でトップ10内に入ってきたピエール・ガスリーが予選でもQ3に進出できるかどうか注目していました。

また、ブレンドン・ハートレーは29歳の誕生日に好結果を残せるでしょうか?

 

F1 2018 第20戦 ブラジルGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’07.948 17
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’08.165 15
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’08.465 23
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’08.490 17
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’08.733 12
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’08.788 12
7 ケビン・マグヌッセン ハース 1’09.146 14
8 ロマン・グロージャン ハース 1’09.257 16
9 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’09.402 22
10 シャルル・ルクレール ザウバー 1’09.448 21
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’09.461 19
12 エステバン・オコン フォース・インディア 1’09.588 18
13 マーカス・エリクソン ザウバー 1’09.808 23
14 カルロス・サインツ ルノー 1’09.864 17
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’09.885 14
16 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’09.985 18
17 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’10.001 17
18 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’10.020 15
19 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’10.116 18
20 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’10.289 16

FP1、FP2の結果は以下。

ロバート・クビサ、F1レースドライバー復帰の可能性が高まっている?
Photo by pedrik 2018年F1はチャンピオンがハミルトンに決まり、後2戦は消化レースです。 これからはレースよりも決まっていないドライバーラインナップの方が気になります。 そこで最も注目するのはウ...
スポンサーリンク

ピエール・ガスリーがQ3進出!

ピエール・ガスリーは期待通りQ3に進出。

10番手で予選を終えています。

しかし、ブレンドン・ハートレーはQ1敗退。
2018年シーズンも終わろうとしていますが、ガスリーとの差は埋まりません。

おそらく2019年は放出されてしまうでしょう。

フェルナンド・アロンソ、インディ500参戦決定!

やっとアロンソのインディ500参戦の発表がありました。

しかし、体制は決まっていないようです。
ホンダ陣営なのか、シボレー陣営なのかは分かりません。

チーム体制も早く決めて欲しいところです。

予選結果

順位 ドライバー チーム 最終タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’07.281
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’07.374
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’07.441
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’07.456
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’07.778
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’07.780
7 マーカス・エリクソン ザウバー 1’08.296
8 シャルル・ルクレール ザウバー 1’08.492
9 ロマン・グロージャン ハースF1 1’08.517
10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’09.029
11 ケビン・マグヌッセン ハースF1 1’08.659
12 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’08.741
13 エステバン・オコン フォース・インディア 1’08.770
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’08.834
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’10.381
16 カルロス・サインツ ルノー 1’09.269
17 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’09.280
18 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’09.402
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’09.441
20 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’09.601

ダニエル・リカルドはターボの交換でグリッド・ペナルティーを受けます。
そのためガスリーは9番グリッドからスタートです。

ガスリーの上位に2台のザウバーがいることが気掛かりです。
トロロッソ・ホンダはチャンピオンシップポイントでザウバーに抜かれてしまいました。
さらに水をあけられてしまう危機です。

昨年の結果はこちら

昨年も消化レース。
ルノーエンジンの信頼性が悪く、予選が意味をなさない状態でした。

F1 2017 ブラジルGP予選:ルノーエンジンの信頼性不足でグリッド降格が多すぎる。ハミルトンはクラッシュするもボッタスがポール。
Photo by Artes Max  フェリペ・マッサの母国グランプリ、ブラジルGPが始まりました。 既にマッサは引退が確定しているため、2年連続の母国引退レースとなります。 また昨年同様に感動的なレースとな...

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました