F1 2019 第3戦・中国GP 予選:チームできれいに色分けされた結果。トップはメルセデス。レッドブル・ホンダは3番手。


Image by niko0001 from Pixabay

※写真はサーキットではありません。

上海インターナショナル・サーキットは2本の長い直線コースを擁するサーキットです。

そのためエンジンパワーの優れたフェラーリが有利だと思っていました。

ところが結果はメルセデスの完勝です。
メルセデスの予選用のエンジンマップ(パーティモード)が優れているということでしょうか。

メルセデスの優位は今年も続いてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

ピエール・ガスリーが5番手だったのが良好な結果

予選の結果はメルセデス勢、フェラーリ勢、レッドブル勢、ルノー勢、ハース勢の順にきれいに並びました。

中国GP予選では現在のクルマのパフォーマンスを見せてくれているようです。

救いだったのはピエール・ガスリーがフェルスタッペンと並んだことでしょう。
マシンが改善されてガスリーにも馴染んできた証拠です。

これでレッドブルの2台が同じようなレースを見せてくれることが期待できます。

上海インターナショナル・サーキットはDRSゾーンが配置された2本のストレートと7コーナーから9コーナーまでが全開区間です。

エンジンパワーがものを言います。

ただし、ストレートエンドのコーナーでタイヤのデグラデーションが激しく、常にタイヤのケアが欠かせません。

決勝レースではパワーだけでは無い結果もありそうです。

ピエール・ガスリーがタイヤを上手く使って上位に食い込んでくれることを期待しています。

予選結果

順位ドライバーチームタイム
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’31.547
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’31.570
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’31.848
4シャルル・ルクレールフェラーリ1’31.865
5マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’32.089
6ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ1’32.930
7ダニエル・リカルドルノー1’32.958
8ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’32.962
9ケビン・マグヌッセンハース1’33.150(Q2)
10ロマン・グロージャンハース1’33.156(Q2)
11ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’33.236
12セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’33.299
13キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’33.419
14カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’33.523
15ランド・ノリスマクラーレン1’33.967
16ランス・ストロールレーシング・ポイント1’34.292
17ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’35.253
18ロバート・クビサウィリアムズ1’35.281
19アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ
20アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ

アルボンはFP3の終了間際、大クラッシュ。
マシンが大破したため、予選に参加できませんでした。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位ドライバーチームタイム
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’31.095
2キミ・ライコネンフェラーリ1’31.182
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’31.625
4ルイス・ハミルトンメルセデス1’31.675
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’31.796
6ダニエル・リカルドレッドブル1’31.948
7ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’32.532
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1’32.758
9カルロス・サインツルノー1’32.819
10ロマン・グロージャンハースF11’32.855

昨年のタイムの方が速いです。

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位ドライバーチームポイント
1ダニエル・リカルドレッドブル25
2バルテリ・ボッタスメルセデス18
3キミ・ライコネンフェラーリ15
4ルイス・ハミルトンメルセデス12
5マックス・フェルスタッペンレッドブル10
6ニコ・ヒュルケンベルグルノー8
7フェルナンド・アロンソマクラーレン6
8セバスチャン・ベッテルフェラーリ4
9カルロス・サインツルノー2
10ケビン・マグヌッセンハース1

昨年はトロロッソの同士討ちによって導入されたセーフティカーによって波瀾が起こりました。

セーフティカー導入時点でフレッシュなタイヤを履いていたダニエル・リカルドに勝利をもたらしたのです。

今年もタイヤがキーになるかも!

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン