トロロッソ・ホンダ STR13をシェイクダウン。今年のホンダエンジンはいい。

STR12
image by Artes Max ※上の写真はSTR12

ついにトロロッソ・ホンダのニューマシン・STR13がシェイクダウンされました。

今年のホンダエンジンはどのような信頼性を示すのでしょうか?
パフォーマンスはどれほどのものなのでしょうか?

とても気になります。

参照 トロロッソ・ホンダ、STR13での初走行は「パーフェクトだった」(F1-Gate.com)

スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダ STR13

トロロッソがフィルミングデーを利用してシェイクダウンを行った画像が公開されました。

太くなったノーズ部分にホンダのマークがハッキリと見えます。

ブルーにレッドの色合いは昨年と変わりませんが、ハロが異質さを添えています。
フェアリングが付いていても鈍重な感じは否めません。

これさえなかったらもっとシャープでカッコイイのに、と思います。

……

リリースによると、なんとシェイクダウンはトラブルフリーで終わったようです。

昨年、プレシーズンテストで全然走れなかったエンジンとは全く別物です。

問題は2018年の長いシーズンを3基のエンジンで闘いきれるのか?

パフォーマンスは他の3つのエンジン・マニュファクチャラーに匹敵できるかということです。

トロロッソとは3年契約なので安心かもしれませんが、2019年にレッドブルと契約できるかどうかはパフォーマンス次第でしょう。

2018年シーズン前半のトロロッソの結果がとても重要です。

2019年レッドブルがホンダのエンジンを搭載し、マクラーレンを打ち負かしてくれることを、今から願ってやみません。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン