F1 2018 第16戦・ロシアGP決勝:トロロッソ・ホンダは序盤で2台ともリタイア。エンジンのテストにもならず。


image by Takayuki Suzuki 

FP3でエンジンをスペック3からスペック2に戻したトロロッソ・ホンダ。
決勝でブレンドン・ハートレーはさらにエンジン交換を敢行。
最後尾からのスタートとなりました。

おそらくスペック2からスペック3に載せ替えたものと思われます。

これでホンダはエンジンのデータをとりたかったのですが…

(追記)

再度エンジン交換を行ったハートレーのエンジンはスペック2だったようです。

スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダは両ドライバー共にスピン

ピエール・ガスリーもブレンドン・ハートレーもレース序盤でスピン。
リタイアしてしまいました。

何が起こったのか分かりません。

これではエンジンのテストも出来ませんでした。

エンジン性能がどれほど上がったのか注目されたにも関わらず、この結果では何も分かりません。リタイアの理由も釈然としませんでした。

レース後のリリースを待つしかなさそうです。

日本GPでのトロロッソ・ホンダの活躍に黄色信号です。

(追記)

その後、スピンの原因はブレーキトラブルと分かりました。

ベッテル、アンダーカットでハミルトンの前へ

タイヤ交換でフェラーリ・ベッテルはアンダーカット。
ハミルトンの前に出ます。

その後のベッテルvsハミルトンは見応えがありました。
結局、ハミルトンがベッテルをオーバーテイク。

すごかった。

でも、ロシアではメルセデスが強すぎます。

メルセデスはチームオーダーで盤石

レース中盤、ベッテルに追われるハミルトンとボッタスは、チームオーダーで順位を入れ替える展開。

ベッテルをボッタスに抑えさせ、ハミルトンを勝たせる戦略に出ます。

そのままハミルトンがトップフィニッシュしています。

これで、セバスチャン・ベッテルのチャンピオンは難しくなりました。

結果

F1 2018 第16戦 ロシアGP
ソチ・オートドローム – 全53周(2018.9.30)

19個のコーナーをもっているものの、結果を見ると高速サーキット。
滑りやすい路面が特徴。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 18
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 15
4 キミ・ライコネン フェラーリ 12
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 10
6 ダニエル・リカルド レッドブル 8
7 シャルル・ルクレール ザウバー 6
8 ケビン・マグヌッセン ハース 4
9 エステバン・オコン フォース・インディア 2
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1
11 ロマン・グロージャン ハース
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
13 マーカス・エリクソン ザウバー
14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
15 ランス・ストロール ウィリアムズ
16 ストフェル・バンドーン マクラーレン
17 カルロス・サインツ ルノー
18 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
r(4) ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
r(4) ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 306
2 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 256
3 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 189
4 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 186
5 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 158
6 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 134
7 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 53
8 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 53
9 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 50
10 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 47
11 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 47
12 カルロス・サインツ(ルノー:55) 38
13 ピエール・ガスリー(トロロッソ:10) 28
14 ロマン・グロージャン(ハース:8) 27
15 シャルル・ルクレール(ザウバー:16) 21
16 ストフェル・バンドーン(マクラーレン:2) 8
17 ランス・ストロール(ウイリアムズ:18) 6
18 マーカス・エリクソン(ザウバー:9) 6
19 ブレンドン・ハートレー(トロロッソ:28) 2
20 セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ:35) 1

ハミルトンとベッテルの差が50ポイントと広がりました。
これで今年もハミルトンのチャンピオンが濃厚です。

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 495
2 フェラーリ 442
3 レッドブル 292
4 ルノー 91
5 ハース 80
6 フォース・インディア 59
7 マクラーレン 58
8 レーシングポイント(※) 35
9 トロロッソ・ホンダ 30
10 ザウバー 27
11 ウィリアムズ 7

※後半戦のフォース・インディアを区別するためにレーシングポイントと表記しています。

2017年のロシアGP

バルテリ・ボッタスがスタートを決めて初優勝。
フェラーリを押さえ込んでしまいました。

ボッタスはここで強いです。
今年もチームオーダー無しならば勝っていたでしょう。

image by Artes Max  2018年からホンダエンジンをザウバーが搭載することが決定しました。 ザウバー・ホン...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン