F1 2018 第12戦・ハンガリーGP決勝:トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが6位入賞。ハートレーは戦略ミスでポイント圏内から脱落。惜しくもダブル入賞ならず。


image by emperornie 

トロロッソ・ホンダはピエール・ガスリーが6番グリッド、ブレンドン・ハートレーが9番グリッドからスタート。

ハンガリーGPは抜きにくいハンガロリンクでダブル入賞の絶好のチャンスでした。

しかし、ハートレーは惜しくも11位でした。

スポンサーリンク
AdSence

柔らかいタイヤを長く使ったチームが優位

スタートではウルトラソフトタイヤとソフトタイヤを使ったチームが半々といったところ。
例外はランス・ストロールのミディアム発進のみです。

ガスリーとハートレーはウルトラソフトでスタートしました。

70周という長丁場を柔らかいタイヤで、どこまで走るかが戦略のカギとなりました。

ハートレーはルノーの2台やグロージャンらと同様に早めの24周でタイヤ交換を行いました。

ところがマクラーレン勢が40周近くまでソフトタイヤを引っ張ります。
ミディアムにタイヤ交換した際にはポイント圏内に躍進。
ハートレーやルノー勢の前を走る展開に。

バンドーンはトラブルでリタイヤしていますが、アロンソやハース勢に前へ行かれて、ハートレーはポイントを獲得できませんでした。

……

一方、ガスリーはウルトラソフトを32周保たせ、6位を譲ることなくポイントを獲得しています。

柔らかいタイヤをどこまで保たせるかが今回のレースのポイントとなりました。

ハンガリーGPはトロロッソ・ホンダがダブル入賞する絶好のチャンスだったのに残念です。

ベッテルはタイヤ交換に手間取り2位、フェルスタッペンはトラブルでリタイア

ハミルトンを追うベッテルはタイヤ交換で左フロントに手間取り、2番手のボッタスを追う展開に。

結局、ボッタスを抜きあぐねて2位フィニッシュとなってしまいました。

ハミルトンとベッテルのバトルがあれば、もっと面白いレースになっていたでしょう。

……

戦前有利とみられたレッドブル。

しかし、フェルスタッペンはトラブルでリタイヤしてしまいました。

一方、リカルドは予選の不運で後方からの追い上げとなり、惜しくも表彰台には届きませんでした。

……

表彰台はハミルトン、ベッテル、ライコネン。

40歳間近になったライコネンの頑張りに敬服です。

結果

F1 2018 第12戦 ハンガリーGP
ハンガロリンク – 全70周(2018.7.29)

中低速コーナーが多く、道幅も狭いため、オーバーテイクが難しいサーキット。

トップスピードよりは低速からの加速性能がマシンの優劣を決めるコースです。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 18
3 キミ・ライコネン フェラーリ 15
4 ダニエル・リカルド レッドブル 12
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 10
6 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 8
7 ケビン・マグヌッセン ハース 6
8 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 4
9 カルロス・サインツ ルノー 2
10 ロマン・グロージャン ハース 1
11 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
13 エステバン・オコン フォース・インディア
14 セルジオ・ペレス フォース・インディア
15 マーカス・エリクソン ザウバー
16 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
17 ランス・ストロール ウィリアムズ
r(49) ストフェル・バンドーン マクラーレン
r(5) マックス・フェルスタッペン レッドブル
r(0) シャルル・ルクレール ザウバー

このサーキットはエンジンパワーに依存しないので、ザウバーは下位に沈みました。
ルクレールが生き残っていたら、違う結果もありえたでしょうか?

ガスリーは、好調のハース、ルノー勢を抑えて価値ある6位です。
トップと同一周回はガスリーまで。

ウィリアムズはいなくてもいいくらい、目立ちませんでした。
どうせダメならクビサを出して欲しい。

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 213
2 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 189
3 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 146
4 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 132
5 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 118
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 105
7 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 52
8 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 45
9 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 44
10 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 30
11 カルロス・サインツ(ルノー:55) 30
12 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 29
13 ピエール・ガスリー(トロロッソ:10) 26
14 ロマン・グロージャン(ハース:8) 21
15 シャルル・ルクレール(ザウバー:16) 13
16 ストフェル・バンドーン(マクラーレン:2) 8
17 マーカス・エリクソン(ザウバー:9) 5
18 ランス・ストロール(ウイリアムズ:18) 4
19 ブレンドン・ハートレー(トロロッソ:28) 2
セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ:35) [14]

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 345
2 フェラーリ 335
3 レッドブル 223
4 ルノー 82
5 ハース 66
6 フォース・インディア 59
7 マクラーレン 52
8 トロロッソ・ホンダ 28
9 ザウバー 18
10 ウィリアムズ 4

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン