F1イタリアGPはティフォシになりきろう!


image by emperornie 

F1で最も高速なサーキット。
4本のストレートを3つのシケインと高速コーナーでつないだ形のサーキットはアクセル全開率は80%を超えます。

今年のフェラーリはエンジンが強いのでエンジン寄与率が高いモンツァで優勝の期待がかかります。

ホンダエンジンはどう見ても勝ち目がないので、イタリアGPだけはティフォシになりきりましょう。

スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダファンは雨乞いをしましょう

FP1では雨。
雨天でトロロッソ・ホンダはハートレーが4番手のタイムを記録しています。

やはりホンダエンジンのドライバビリティはよいのでしょう。
これでパワーを絞り出してくれたら言うことはないのですが…

FP2でザウバーのエリクソンが大クラッシュ。
これを見てしまうと、ハローが必要だということが分かります。

無事で良かった。

F1 2018 第14戦 イタリアGP FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’34.000 18
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’34.550 28
3 エステバン・オコン フォース・インディア 1’34.953 17
4 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’35.024 17
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’35.207 13
6 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’35.438 19
7 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’35.665 10
8 カルロス・サインツ ルノー 1’35.995 15
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’36.107 15
10 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’36.238 8
11 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’36.546 6
12 シャルル・ルクレール ザウバー 1’36.648 10
13 ケビン・マグヌッセン ハース 1’37.066 13
14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’37.426 14
15 ロマン・グロージャン ハース 1’37.790 11
16 マーカス・エリクソン ザウバー 1’37.790 11
17 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’37.867 4
18 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’37.929 10
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’38.253 8
20 ランド・ノリス マクラーレン 1’38.282 9

F1 2018 第14戦 イタリアGP FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’21.105 27
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’21.375 31
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’21.392 31
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’21.803 35
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’22.154 28
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’22.296 28
7 エステバン・オコン フォース・インディア 1’22.930 30
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’22.942 32
9 シャルル・ルクレール ザウバー 1’22.965 20
10 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’23.063 30
11 ロマン・グロージャン ハース 1’23.077 31
12 カルロス・サインツ ルノー 1’23.193 32
13 ケビン・マグヌッセン ハース 1’23.233 28
14 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’23.402 34
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’23.514 28
16 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’23.531 16
17 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’23.566 29
18 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’23.741 35
19 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’24.084 30
20 マーカス・エリクソン ザウバー 2

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン