F1 2019 開幕戦・オーストラリアGP決勝:フェルスタッペン、ベッテルをオーバーテイクし3位表彰台。今年のレッドブル・ホンダはメルセデスとも戦える?


image by Artes Max

2019年F1開幕戦はバルテリ・ボッタスの圧勝でした。

予選で異次元のスピードを見せたメルセデスのチームメイト争いはスタートを決めたボッタスに軍配です。

昨年、不本意なシーズンを送ったボッタスは今年は違います。

風貌も変わったみたい。

スポンサーリンク
AdSence

レッドブル・ホンダはメルセデスの2台に続いて3位表彰台

フェルスタッペンがフェラーリのベッテルをオーバーテイクしたときは本当に気持ちよかった。

トト・ヴォルフも認めたホンダPUの性能を見せつけています。

プレシーズンテストで好調だったフェラーリは失速してしまいました。

アルバート・パーク・サーキットが滑りやすい公道サーキットのためタイヤがきつかったのでしょうか?
ひょっとするとダウンフォースが足りないのかもしれません。

まだ、開幕戦で特殊なサーキットでの結果しか出ていませんが、このままメルセデス vs レッドブルになってくれたら日本のF1ファンは盛り上がるのではないでしょうか?

そうなってくれると私はうれしいです。

ガスリーはまたもや戦略ミス?

タイヤのデータが少ない開幕戦だからこそなのか、ピエール・ガスリーはミディアムタイヤを使いすぎ、ソフトタイヤも機能しませんでした。

おまけに下位チームのトロロッソ、クビアトにオーバーテイクされる始末。

2019年のガスリーはパッとしません。

後方からスタートしてもレッドブルならポイントを取って欲しかった。

結果

F1 2019 開幕戦 オーストラリアGP
アルバート・パーク・サーキット – 全58周(2019.3.17)

中低速コーナーの多い、ストップ・アンド・ゴーのサーキット。
公道サーキットのため、ミューは低い。
コース幅が狭くオーバーテイクが難しい。

順位ドライバーチームポイント
1バルテリ・ボッタスメルセデス26
2ルイス・ハミルトンメルセデス18
3マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ15
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ12
5シャルル・ルクレールフェラーリ10
6ケビン・マグヌッセンハース8
7ニコ・ヒュルケンベルグルノー6
8キミ・ライコネンアルファ・ロメオ4
9ランス・ストロールレーシング・ポイント2
10ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1
11ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ
12ランド・ノリスマクラーレン
13セルジオ・ペレスレーシング・ポイント
14アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ
15アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ
16ジョージ・ラッセルウィリアムズ
17ロバート・クビサウィリアムズ
r(29)ロマン・グロージャンハース
r(28)ダニエル・リカルドルノー
r(9)カルロス・サインツ Jr.マクラーレン

ファステストラップポイント:バルテリ・ボッタス(1:25.580)

今年からファステスト・ラップに1ポイントが与えられます。
ハミルトンは最初のタイヤ交換が早すぎて、ボッタスをとらえることが出来ませんでした。

フェルスタッペンはハミルトンにプレッシャーをかけるところまでいったものの、抜くことは出来ません。惜しい印象でした。
しかし、メルセデスとガチで勝負するのは難しいかもしれません。

ドライバーズ・ランキング

順位ドライバー(チーム:No)ポイント
1バルテリ・ボッタス(メルセデス:77)26
2ルイス・ハミルトン(メルセデス:44)18
3マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ:33)15
4セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5)12
5シャルル・ルクレール(フェラーリ:16)10
6ケビン・マグヌッセン(ハース:20)8
7ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27)6
8キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ:7)4
9ランス・ストロール(レーシング・ポイント:18)2
10ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ:26)1
11ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ:10)[11]
12ランド・ノリス(マクラーレン:4)[12]
13セルジオ・ペレス(レーシング・ポイント:11)[13]
14アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ:23)[14]
15アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ:99)[15]
16ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ:63)[16]
17ロバート・クビサ(ウイリアムズ:88)[17]
ロマン・グロージャン(ハース:8)
ダニエル・リカルド(ルノー:3)
カルロス・サインツ Jr.(マクラーレン:55)

コンストラクターズ・ランキング

順位チームポイント
1メルセデス44
2フェラーリ22
3レッドブル・ホンダ15
4ハース8
5ルノー6
6アルファ・ロメオ4
7レーシング・ポイント2
8トロロッソ・ホンダ1
9マクラーレン[12]
10ウィリアムズ[16]

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン