キミ・ライコネンとシャルル・ルクレールが入れ替わることになりました。これでよかったかな。


image by Jake Archibald 

フェラーリのキミ・ライコネンの去就に注目していました。

ジョン・エルカーンの兄弟のFacebookでキミ・ライコネンのフェラーリ離脱が確定的となってからはもう、引退だと思っていました。

image by Artes Max  フェラーリの新会長、ジョン・エルカンの兄弟がシャルル・ルクレールの昇格をFaceb...

その後もさまざまな噂が持ち上がり、心配していました。

スポンサーリンク
AdSence

キミ・ライコネンとシャルル・ルクレールがトレード

結局、直近の噂通りになりました。

参照 F1 Gossip:キミ・ライコネンとシャルル・ルクレールがトレード?(F1-Gate.com)

この記事を見たときに、キミ・ライコネンはザウバーに行くくらいなら引退を選ぶのではないかと思いました。

しかし、この噂通り、キミ・ライコネンはザウバーに移籍、しかも2020年までの複数年契約で決着しました。

……

キミ・ライコネンは2001年にザウバーからデビューしており、古巣に戻ったかたちです。

2018年にいきなり契約を解除されて引退よりは、引退を予期しながら2年間、F1を走るライコネンを見る方がよいでしょう。

ザウバーはアルファロメオのブランドをしょっているし、フェラーリのエンジンを搭載しているので、最下位を走るようなことはないと予想できます。

……

心配なのはフェラーリですね。

セバスチャン・ベッテルはシャルル・ルクレールと上手くやっていけるでしょうか?

レッドブル時代のベッテルとダニエル・リカルドのようにルクレールの方が速かったというようなことになったら、ベッテルは行き場が無くなります。

来年のフェラーリもザウバーも注目です。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン