スポンサーリンク

2019年 F1バルセロナテスト4日目午前

昨日のバルセロナテストでトップタイムを刻んだのはトロロッソ・ホンダのクビアトでした。 C5タイヤで1分17秒704を記録し137周を走行しています。 最も柔らかいタイヤで出したタイムとはいえ、まだ余力を残しているので、こ...
2019.02.21

2019年 F1バルセロナテスト3日目午前

2日間のバルセロナテストが終わってみると、絶好調なのはフェラーリです。 2018年シーズンにおいてすら最速だったフェラーリは今年こそ…という想いが強いでしょう。 このテスト結果ならば今年はフェラーリが圧倒的かもしれません...

2019年 F1バルセロナテスト2日目午前

バルセロナテスト初日を終えて、レッドブル・ホンダは4番手タイムで128周を走行。 トロロッソ・ホンダは6番手タイムで77周を走行しました。 パワーユニットにトラブルは無く、順調な滑り出しです。 しかし、私としてはかなり...

ついに始まった2019年 F1バルセロナテスト初日!

2019年F1がバルセロナテストで始動しました。 レッドブル・ホンダ、トロロッソ・ホンダの2チーム体制でホンダエンジンはフェラーリとメルセデスに戦いを挑みます。 ウィリアムズは結局テスト初日にマシンが間に合わず不参加とな...

北条司の「シティーハンター」完全版 全32巻+1を一気読み!

北条司の「シティーハンター」全巻をついに読みました。 私は北条司といえば「キャッツ・アイ」の世代なので、「シティーハンター」は完全版の発売で、はじめて読みました。 読んだのは、これで2度目ということになります。 北条司...

レッドブル・ホンダ RB15、トロロッソ・ホンダ STR14、共にシェイクダウン!

ホンダエンジン「RA619H」を積む2チームのマシンが共にシェイクダウンされました。 最初の走りにはいつもドキドキしてしまいますが、トラブルも無く安心しました。 来週のプレシーズンテストに向けて各チームが次々にマシンを発...

タイトルスポンサーがマルティニからROKiT(ロキット)に変わったウィリアムズF1のマシン「FW42」のカラーが明るい!

Photo by pedrik ウィリアムズとトロロッソのニューマシンが発表されました。 トロロッソ・ホンダのマシン「STR14」は予想通り昨年のレッドブルのマシン「RB14」から多くのパーツを流用していることが明...

ダーティハリー4のテレビ放送には決めゼリフ「Go ahead, Make my day」は無かったの?

ダーティハリーのファンです。 ダーティハリーはクリント・イーストウッドのアタリ役です。 ダーティハリー・シリーズは5作品。 中でも2番目に好きなのが「ダーティハリー4」です。(1番は最初の「ダーティハリー」) …...

2019年F1 全マニュファクチャラーがエンジンサウンド公開!!

F1エンジンの4つのマニュファクチャラー、ホンダ、ルノー、フェラーリ、メルセデスが2019年型エンジンのサウンドを公開しました。 おなかに響くサウンドが響き渡るとシーズン間近です。 Mercedes M10 EQ P...

ハースF1の2019年マシン「VF-19」カラーリング公開!黒と金色のF1マシンはロータスみたいだった。

Photo by Supermac1961 初の2019年型F1マシンの公開はハースでした。 リッチエナジーがタイトルスポンサーとなったことから、ある程度カラーリングは予想できたのです。 予想通りのカラーリングとなっ...
2019.02.12

デヴィッド・ボウイの伝記映画「スターダスト(Stardust)」がスポットをあてるジギー期のアメリカ行きを整理してみた。(ルー・リード、アンディ・ウォーホル、イギー・ポップとの出会い)

デヴィッド・ボウイの伝記映画「スターダスト(Stardust)」の制作が発表されました。 ボウイ役をジョニー・フリン、アンジー役をジェナ・マローンが務めます。監督はガブリエル・レンジ。脚本はクリストファー・ベルです。 いまだ...

エンジンに火が入ると、いよいよ2019年F1シーズンが始まる。

Photo by Steve_Melnyk いよいよ本格的に2019年F1シーズンの開始です。 フェラーリとマクラーレンのエンジンに火が入りました。 マクラーレンはいつも通りの光景ですね。 さらにザイバーに関す...

EMIからヴィクトリー・ミュージックに移籍してリリースされた「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」は今では貴重盤?(1991年9月発表)

アルバム「ティン・マシーンⅡ(Tin Machine II)」はデヴィッド・ボウイの歴史の中で、特異なものになってしまいました。 とにかく再発されにくいのです。 「ティン・マシーン」までのアルバムはEMIとの契約で何度も...

グランジ勃興と時を合わせ登場したティン・マシーン。デヴィッド・ボウイはリーヴス・ガブレルス、セールズ兄弟と共に荒々しく生々しいロックの世界へ突入。アルバム「ティン・マシーン(Tin Machine)」を発表する。(1985年5月)

デヴィッド・ボウイが本当に凄いと思うのは「ネバー・レット・ミー・ダウン」みたいな大衆に迎合したようなアルバムを作った後に、ティン・マシーンをやってしまうことです。 「ティン・マシーン(Tin Machine)」は私のお気に入り...
2019.01.29

2018年ヴァージョンの登場で見直されたか! デヴィッド・ボウイの「ネバー・レット・ミー・ダウン(Never Let Me Down)」(1987年4月発表)

「ネバー・レット・ミー・ダウン(Never Let Me Down)」は、デヴィッド・ボウイの歴史の中で、最も酷評されるアルバムです。 しかし、2018年にサウンドをリプロダクトしたアルバムが登場して、そこまで悪いアルバムじゃ...
2019.01.27

デヴィッド・ボウイの「トゥナイト(Tonight)」は「次なるレッツ・ダンス」にはなれなかったけれど、この時期のボウイの活動を見れば面白いアルバム。(1984年9月発表)

デヴィッド・ボウイがアルバム「トゥナイト」を発表したのは1984年。 大ヒットアルバム「レッツ・ダンス」の翌年のことです。 「トゥナイト」はあまりよい評価を受けていません。 私自身もそれほど好きなアルバムではありません...

翼のヒーロー、桂正和の「ウイングマン」全巻一気読み!

桂正和の連載デビュー作が「ウイングマン」です。 私がまだ週刊少年ジャンプを毎週読んでいたころに連載が開始されました。 その後、桂正和のコミックは「I"s」と「ZETMAN」を読んだことがあります。 ウイングマン ...

Mansunのセカンドアルバム「SIX」リマスター盤発売!

マンサン(Mansun)のセカンドアルバム「SIX」のリマスター盤が発売されます。 私が最初に聴いたマンサンのアルバムが「SIX」でした。 SIX SIX image by Amazon 既に以下のサイト...

松本零士の「ミライザーバン」を一気読み!

松本零士のコミックは中学生から大学生の間、よく読んでいました。 その中には今でも心に残るものが多数あります。 その一つが「ミライザーバン」です。 ミライザーバン ミライザーバン 【コミックセット】 image b...

2019年F1レギュレーションの変更でフロントウイングが弱点になる?

Photo by Nic Redhead 2012年 Red Bull RB8 2019年のF1は空力規定が大きく変わります。 オーバーテイクを増やすことを目的とした変更です。 その影響はマシンを遅くするとも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました