ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバー…ううむ


image by ph-stop 

ロバート・クビサは気持ちよくF1復帰とはなりませんでした。

ウィリアムズはランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンというラインナップとなりました。

どちらも大量のスポンサーマネーをチームにもたらしてくれそうです。

しかし、経験不足は否めません。

スポンサーリンク
AdSence

ウィリアムズは経験不足なドライバー布陣

ランス・ストロールは昨年表彰台に上ったもののフェリペ・マッサの方が安定感がありました。

しかし、2017年シーズンの合計ポイントを見てみると、ランス・ストロール:40ポイントに対し、フェリペ・マッサ:43ポイントと3ポイントしか違いません。

これなら、ストロールもそれほど捨てたものではないのかもしれません。

しかし、相棒がルーキーのセルゲイ・シロトキンではウィリアムズはドライバー布陣が若すぎです。

……

そのためなのか、リザーブドライバー兼開発ドライバーとしてロバート・クビサを採用することになっています。

私としてはクビサがリザーブというのは複雑です。
レースでクビサを見ることを期待していました。

2018年のテスト走行やフリー走行でタイヤに慣れれば来年以降は正ドライバーとしての道も開けるのでしょうか?

クビサはF1には戻ってきたものの、ストロールとシロトキンのF1先生といった存在で終わって欲しくない気持ちです。

ウィリアムズはスポンサーがいないとだめっぽいので、新しいチームを模索して欲しいです。

2019年にルノーのカルロス・サインツがレッドブルに戻るようなことになれば、もう一度ルノーに乗るチャンスがあるのではないかと考えています。

クビサは若くないのでチャンスは少ないかもしれません。

なんとかクビサに幸運が巡ってくることを願っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン