2018年F1バルセロナ・プレシーズンテスト第2回1日目。トラブル続きのマクラーレンはトロロッソ・ホンダと何かと比較されるみたい。

バルセロナでのプレシーズンテストは後半、2週目に突入しました。

先週のテストで、トロロッソ・ホンダの信頼性は完璧で、スピードもまずまずだったことが分かりました。

ホンダのエンジンは既にルノーに匹敵しているのでは…というニュースも出ています。

参照 F1 Topic:ホンダPUの馬力はすでにルノーと同等?合同テストで分かったパワーユニットの勢力図(F1速報)

スポンサーリンク
AdSence

2018年F1バルセロナ・プレシーズンテスト後半1日目(3月6日:午前)

この日の最初のトピックはマクラーレンのトラブルでした。

バンドーンはトラブルに見舞われ、テスト序盤たったの4周しか出来なかったのです。
さらに赤旗まで出してしまいました。

それに引き替えトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは1分20秒973で、メルセデス、フェラーリに次ぐタイムを出していました。(日本時間18時36分時点)

昨年までホンダのパートナーだったマクラーレンと好調のトロロッソ・ホンダは、どうしても比較されてしまいます。

昨年の不調を終始ホンダPUのせいにしてきたマクラーレンですが、今日のようなトラブルが出ると、やっぱりマクラーレン自体が悪かったという印象を与える結果になってしまいます。

新体制のマクラーレンは、ルノーにいたエリック・ブーリエと、F1に集中出来ず、アロンソのご機嫌を取るばかりのザク・ブラウンが代表では、いいチームのはずはないと私は思うのです。

やっぱりロン・デニス体制とは別物になってしまいました。

……

マクラーレンの問題はバッテリーだったようです。

……

午前中の結果は以下。

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ Medium 1分20秒396
2 バルテリ・ボッタス メルセデス Soft 1分20秒596
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル Medium 1分20秒649
4 ピエール・ガスリー トロロッソ Soft 1分20秒973
5 ケビン・マグヌッセン ハース Soft 1分21秒298
6 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ Soft 1分21秒588
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー Medium 1分21秒738
8 マーカス・エリクソン ザウバー Soft 1分21秒893
9 セルジオ・ペレス フォース・インディア Soft 1分21秒936
10 ストフェル・バンドーン マクラーレン Super-soft 1分24秒773

トロロッソ・ホンダ、ピエール・ガスリーのスピードが目立っています。

……

最終結果は以下。

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ Medium 1分20秒396 171
2 バルテリ・ボッタス メルセデス Soft 1分20秒596 86
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル Medium 1分20秒649 130
4 ルイス・ハミルトン メルセデス Soft 1分20秒596 91
5 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ Soft 1分20秒973 54
6 ケビン・マグヌッセン ハース Soft 1分21秒298 96
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー Medium 1分21秒432 48
8 カルロス・サインツ ルノー Soft 1分21秒455 91
9 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ Soft 1分21秒588 42
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア Soft 1分21秒643 3
11 マーカス・エリクソン ザウバー Super-soft 1分21秒706 120
12 ストフェル・バンドーン マクラーレン Super-soft 1分21秒943 38
13 ランス・ストロール ウィリアムズ Hyper-soft 1分22秒937 86

メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強は盤石です。

トロロッソ・ホンダが4番手に付けるのでしょうか?

マクラーレンとの戦いになると面白いですね。

© bluelady.jp