F1 2018 第4戦・アゼルバイジャンGP予選:トロロッソ・ホンダはバーレーンGPで運を使い果たしたのか?


image by Bob Martens 

超低速と、超高速区間を持つバクー市街地サーキットでは各チームセッティングが難しいようです。

フリープラクティスではフェラーリの車がなかなかタイムを出さず、ちょっと心配しましたが、FP3ではベッテルがきっちりと上がってきました。

さて、トロロッソ・ホンダは良い予選タイムを記録することが出来たのでしょうか?

FP3結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’43.09117
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’43.45216
3キミ・ライコネンフェラーリ1’43.49317
4マックス・フェルスタッペンレッドブル1’43.51917
5バルテリ・ボッタスメルセデス1’43.56920
6セルジオ・ペレスフォース・インディア1’43.9369
7ケビン・マグヌッセンハース1’43.95811
8ランス・ストロールウィリアムズ1’44.1238
9エステバン・オコンフォース・インディア1’44.22011
10セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’44.5349
11フェルナンド・アロンソマクラーレン1’44.76312
12ダニエル・リカルドレッドブル1’44.86117
13ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’44.90516
14シャルル・ルクレールザウバー1’45.21815
15ロマン・グロージャンハース1’45.26112
16カルロス・サインツルノー1’45.43215
17ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’45.45611
18ストフェル・バンドーンマクラーレン1’45.50513
19マーカス・エリクソンザウバー1’45.91017
20ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’46.18611

FP1、FP2の結果は以下。

image by Salvatore Freni Jr  第4戦アゼルバイジャンGPが始まりました。 開催されるバク...
スポンサーリンク
AdSence

またもチーム内でアクシデントのトロロッソ・ホンダ

トロロッソ・ホンダはまたも結果が残せませんでした。

ブレンドン・ハートレーがミスによるパンクでスロー走行。ガスリーがそれに突っ込みそうになってしまいました。

結局Q1で敗退です。

トロロッソ・ホンダは、まともにタイムアタック出来なかったことになります。

中国GPでもこの二人は接触しそうになっていますし、チーム内が心配ですね。

ハートレーは少しブレーキになっているかもしれません。

トロロッソ・ホンダの一番の弱点は若いドライバーということになりそうです。

予選結果

高速区間が長いサーキットではウィリアムズも速いですね。

順位ドライバーチームタイム
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’41.498
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’41.677
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’41.837
4ダニエル・リカルドレッドブル1’41.991
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’41.994
6キミ・ライコネンフェラーリ1’42.490
7エステバン・オコンフォース・インディア1’42.523
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1’42.547
9ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’43.066
10カルロス・サインツルノー1’43.351
11ランス・ストロールウィリアムズ1’43.585
12セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’43.886
13フェルナンド・アロンソマクラーレン1’44.019
14シャルル・ルクレールザウバー1’44.074
15ケビン・マグヌッセンハースF11’44.759
16ストフェル・バンドーンマクラーレン1’44.489
17ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’44.496
18マーカス・エリクソンザウバー1’45.547
19ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’57.354
20ロマン・グロージャンハースF1

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン