F1 2018 第14戦・イタリアGP決勝:キミ・ライコネン、2対1のレースでメルセデス・ハミルトンに惜敗。


image by emperornie 

イタリアGPは、とにかく惜しかった。

ベッテルがオープニングラップでスピン。
フェラーリはライコネンに望みを託すことに。

ところが、ボッタスとハミルトンのメルセデスタッグによってライコネンのレースは難しいものになってしまいました。まさに2対1のバトルでした。

第2スティントでボッタスの後ろを走らされたライコネンのタイヤは摩耗が激しく、タイヤの新しいハミルトンにオーバーテイクを許してしまいました。

本当に残念です。

スポンサーリンク
AdSence

トロロッソ・ホンダのレースは悪い方に転んでしまいました。

ハートレーはオープニングラップで2台にはさまれ、フロントサスペンションを壊してしまいます。

あっという間にレースが終わりました。

9番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーに期待が集まります。

しかし、フェルナンド・アロンソとダニエル・リカルドとのバトルでマシンを壊し、ジリジリと後退。

結局、16台完走中14位という悔しい結果です。

レース中はエンジンパワーの無さで後退しているのかと、焦りました。
が、レース後のコメントで車が壊れていたことが分かって、すこしホッとしました。

結果

F1 2018 第14戦 イタリアGP
モンツァ・サーキット – 全53周(2018.9.2)

モンツァは、4つのストレートを3つのシケインと高速コーナーでつないだレイアウトを持つ、超高速サーキット。アクセル全開率は80%を超えます。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 キミ・ライコネン フェラーリ 18
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 15
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 12
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 10
6 エステバン・オコン フォース・インディア 8
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 6
8 カルロス・サインツ ルノー 4
9 ランス・ストロール ウィリアムズ 2
10 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1
11 シャルル・ルクレール ザウバー
12 ストフェル・バンドーン マクラーレン
13 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
14 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ
15 マーカス・エリクソン ザウバー
16 ケビン・マグヌッセン ハース
r(23) ダニエル・リカルド レッドブル
r(9) フェルナンド・アロンソ マクラーレン
r(0) ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
ロマン・グロージャン ハース

6位フィニッシュしたグロージャンはマシンの規約違反で失格になってしまいました。

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 256
2 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 226
3 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 164
4 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 159
5 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 130
6 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 118
7 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 52
8 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 49
9 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 46
10 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 45
11 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 44
12 カルロス・サインツ(ルノー:55) 34
13 ピエール・ガスリー(トロロッソ:10) 28
14 ロマン・グロージャン(ハース:8) 27
15 シャルル・ルクレール(ザウバー:16) 13
16 ストフェル・バンドーン(マクラーレン:2) 8
17 マーカス・エリクソン(ザウバー:9) 6
18 ランス・ストロール(ウイリアムズ:18) 4
19 ブレンドン・ハートレー(トロロッソ:28) 2
20 セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ:35) 1

セルゲイ・シロトキンが初ポイント獲得しました。
良かったですね。

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 415
2 フェラーリ 390
3 レッドブル 248
4 ハース 84
5 ルノー 84
6 フォース・インディア 59
7 マクラーレン 52
8 トロロッソ・ホンダ 30
9 レーシングポイント(※) 28
10 ザウバー 19
11 ウィリアムズ 5

※後半戦のフォース・インディアを区別するためにレーシングポイントと表記しています。

2017年のイタリアGP

昨年はメルセデスの圧勝でした。
今年、ライコネンはあと一歩だったのに残念、残念…

F1屈指の高速サーキット・モンツァではやはりエンジンがものを言います。 しかし、ルノーエンジンを積むレッドブルのリカル...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン