F1 2018 第19戦・メキシコGP予選:マックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得したことがないことに驚いた。


Photo by Fotóshírek szerkesztőség

メキシコGPはピエール・ガスリーのエンジンペナルティーでトロロッソ・ホンダは目立たないです。

注目はエルマノス・ロドリゲス・サーキットで速いレッドブル。

レッドブルのマシンは、さすがにダウンフォースが強いです。
空気が薄くても問題無しですね。

 

FP3はコンディションが悪かったです。
序盤は路面がしめってました。

F1 2018 第19戦 メキシコGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’16.284 9
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’16.538 9
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’16.566 11
4 ダニエル・リカルド レッドブル 1’17.028 7
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’17.045 16
6 シャルル・ルクレール ザウバー 1’17.059 13
7 カルロス・サインツ ルノー 1’17.336 11
8 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’17.525 16
9 マーカス・エリクソン ザウバー 1’17.565 14
10 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’17.623 10
11 エステバン・オコン フォース・インディア 1’17.731 10
12 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’17.819 10
13 ロマン・グロージャン ハース 1’18.145 10
14 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’18.445 15
15 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’18.548 11
16 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’18.637 10
17 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’18.669 9
18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’18.698 8
19 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’18.839 5
20 ケビン・マグヌッセン ハース 1

FP1、FP2の結果は以下。

トロロッソ・ホンダの新エンジンは、もはや何だか分からない。
Photo by Presidencia de la República Mexicana 2018年F1は残り3戦になりました。 ホンダはロシアGPで「スペック3」とちまたで呼ばれているエンジンを投入して以来、なんだか落...
スポンサーリンク

ポールポジションはダニエル・リカルド

レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールをとれば最年少ポールポジションの記録を更新すると騒がれていました。

この情報を聞いて驚きました。

マックス・フェルスタッペンは今までポールポジションを獲得したことがなかったんですね。
来年はレッドブルのエースとなるフェルスタッペン。
リカルドより速い印象が強いのですが…

Q3はマックス・フェルスタッペンに注目してました。

ところが、僚友のダニエル・リカルドがズバッと最速タイムを決めてポールをとってしまいました。

フェルスタッペンは2位です。
悔しかったでしょうね。

ダニエル・リカルドは来年ルノーに行きます。
2019年はフェルスタッペン vs リカルドが面白そうです。

予選結果

順位 ドライバー チーム 最終タイム
1 ダニエル・リカルド レッドブル 1’14.759
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’14.785
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’14.894
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’14.970
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’15.160
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’15.330
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’15.827
8 カルロス・サインツ ルノー 1’16.084
9 シャルル・ルクレール ザウバー 1’16.189
10 マーカス・エリクソン ザウバー 1’16.513
11 エステバン・オコン フォース・インディア 1’16.844
12 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’16.871
13 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’17.167
14 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’17.184
15 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’16.828(Q1)
16 ロマン・グロージャン ハースF1 1’16.911
17 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’16.966
18 ケビン・マグヌッセン ハースF1 1’17.599
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’17.689
20 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’17.886

ピエール・ガスリーはQ2でアタックしませんでした。
エンジンペナルティーで最後尾スタートが決まっています。

昨年の結果はこちら

昨年のピエール・ガスリーも、ここでは戦えなかったんですね。
ルノーエンジントラブルです。

F1 2017 メキシコGP予選:セバスチャン・ベッテル、最後の意地でポール奪取!ブレンドン・ハートレイ、ピエール・ガスリーはマシントラブルで戦えず。
Photo by Andrew & Alan Frost  F1メキシコGPは高地にあるアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで開催されます。 そのため自然吸気エンジンではパワーが落ちたり、空力によるダウンフ...

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました